TD

オンラインコンテンツが鑑賞体験にもたらしたものとは-国立科学博物館の取り組みから考える-

コラム レポート

2021.03.04

シェア

そのデザインに込めた意図は何か。これからの時代に必要とされるカタチと在り方とは何か。デザイナーの本音に迫り、未来のデザイナーと語り合う、デザインのスローメディア『TD』

これまでTDでは、コロナ禍で活発化している美大のオンライン展、美術館・ギャラリーのオンライン展の試みをレポートしてきた。本稿で取り上げるのは、国内のオンライン鑑賞プログラムのなかでも最も早く、そして大規模に展開された『かはくVR』をはじめとする国立科学博物館の取り組みだ。オンラインコンテンツがミュージアムの鑑賞体験にもたらしつつあるものとは。その仕掛け人に取材してきた。

続きはTDで

この記事に付けられたタグ

TD 記事一覧

関連記事

【TD】情報過多mp世界で本質を届ける戸田デザイン研究所 | 子どもたちを取り巻くデザインvol.4

2021.03.18

【TD】障がい児入所施設「まごころ学園」にみる居場所のデザイン(前編)子どもたちを取り巻くデザインvol.3

2021.01.14

【TD】「リアルの代替」を超えた新しいオンライン鑑賞体験は実現するか 都写美・DOMANI・LIXILギャラリーの事例から

2020.10.22

【TD】アート鑑賞のオンライン化がもたらすもの コロナ禍における美大の展覧会を考える

2020.10.01

【TD】【連載】時代の空気を映し出す、切手デザインという仕事(前編)

2020.08.20

【TD】【試乗レポ】バイクでもキックスケーターでもない。glafitの新立ち乗りモビリティ、LOMに期待すること

2020.07.30

【TD】『Until Death Do Us Part/双喜』モノローグ |語りかけてくるモノを見つめて Vol. 1

2020.05.21

フォローして最新情報をFacebook/Twitterでチェック!