TD

書体デザイナーが生み出す、究極の「ふつう」

インタビュー コラム

2018.08.16

シェア

そのデザインに込めた意図は何か。これからの時代に必要とされるカタチと在り方とは何か。デザイナーの本音に迫り、未来のデザイナーと語り合う、デザインのスローメディア『TD』

TDが今回会いに行ったのは、「書体設計士」の鳥海 修(とりのうみ・おさむ)氏。現在和文だけで1100以上の書体(フォント)があるといわれているが、書体業界の第一線で「ヒラギノ」や「游シリーズ」など、多くの人に愛される本文用書体を生み出しているのが鳥海氏だ。彼は個性的で特徴がある書体ではなく、「ふつう」にこだわり続けているという。来週から始まる連載に先駆け、sneak previewで、少しだけご紹介。

続きはTDで

この記事に付けられたタグ

関連記事

【TD】問題解決型から距離をおいた「デザインの基礎研究」の価値 「自生するデザイン」展レポート

2019.07.11

【TD】プロの指導でクレイモデル作り!子どもも親も楽しいカーモデラー教室体験レポート

2019.06.06

【TD】ミクロを積み重ねるとマクロになる 精密機器分野のプロフェッショナル

2019.04.25

【TD】アクシスと考えるこれからのデザイン

2019.02.28

【TD】代官山 蔦屋書店モーニングクルーズ誕生秘話

2019.01.21

【TD】【試乗レポ】超小型EVの先駆け!トヨタ車体の1人乗りEV、コムスに乗ってきた

2018.12.06

【TD】「デザインあ展」を訪れた人も、そうでない人も! 大人のための『音のアーキテクチャ展』

2018.10.11

フォローして最新情報をFacebook/Twitterでチェック!