お気に入りの作品の魅力を引き立てる。トゥールズ横浜ジョイナス店の額装レポート

Tooではたらく人

2021.10.28

シェア

Tooの古正です。最近、大好きなイラストレーターうかうかさんの個展に足を運んだ際に、複製原稿を購入しました。手に入れたものの、きれいに飾るのがなかなか難しい…ということで、「フレーマーの店」という称号があるトゥールズ横浜ジョイナス店に額装を依頼しました。フレーマーの資格を持つ店長の野村さんに額装してもらいながら、額装の魅力について聞きました。

まずは額装について

Too古正:初めて額装をお願いするので、いろいろ教えてください!額装と聞くと「作家さんがオーダーするもの」という印象があるのですが、ふらっと作品を持ってお店を訪れても大丈夫なものですか?

トゥールズ野村:まったく問題ありませんし、気になることがあれば事前にメールでお問い合わせいただいても構いません。お客様は作家さんもいらっしゃいますが、一般のお客様が圧倒的に多いです。額装の依頼も、平面作品だけではありません。試合でもらったメダルやロックドラマーが舞台で着たジャケット、きれいに抜けた蛇の抜け殻など…予想外のものをお持ちになるお客様も多いです(笑)。

frame17.jpg店内には「フレーマーの店」ロゴが飾られています。

Too古正:意外となんでも額装できることに驚きです…!そういえば、作品を額に入れるとさらに素敵に見える気がするのですが、なぜでしょう?

トゥールズ野村:額装することで作品に向ける視点が変わるのが、ひとつの理由です。作家さんが作品を制作するときは、対象物を三次元の視点で捉えていますよね。額装して壁にかけると、作品が垂直になり額縁の厚みの分張り出します。作品をペタッと机に置くよりも私たちの目には立体的に見えてきます。作家さんがモデルを見る時と同じ視点で、私たちも作品を眺められるようになります。これが額に入れたら魅力的になる秘密のひとつです。

また、どのお客様もとても気に入った作品をお持ちくださいますが、具体的にその作品のどこが好きなのかあまり自覚されていない場合も多いのです。そのため額縁を選ぶ際のコンサルティングで、作品の魅力を言語化することを大切にしています。「この色が綺麗だから引き立てましょうか」とか、「この水平のラインが落ち着いたイメージですね、そういう雰囲気を演出するのはどうですか」など、作品の良さを具体的に話しながら提案するようにしています。お客様自身もまだ言語化できていない作品の魅力を聞き出す力が、私たちフレーマーにとって重要な力です。

さっそく額縁を選びます

Too 古正:魅力的に見えるきちんとした理由があるのですね。それではさっそく、この作品もお願いします。カラフルでかわいい作品なので、それを引き立てられたらと思うのですが…。

トゥールズ野村:例えば展覧会で何枚も並ぶように展示する場合は、作品自体を目立たせるために白色や木目調のシンプルな額縁に入れることが多いです。でもお気に入りの一点を購入したことと、古正さんが言うように、かわいらしい作品で、ストーリーがシュールなところもポイントだと思います。今回は、おもちゃの積木のような色合いだったり、作品で使われている色に合った額縁を選んでみたり…こんな額縁で作品の世界観を際立たせるのはどうでしょう。

frame12.jpg作品「サブウェイぬ」byうかうかさん

Too 古正:どれもすごくかわいいです!色によって雰囲気がだいぶ変わりますね。

トゥールズ野村:この額縁は、見る方向によって印象が変わるのが特徴です。右下のサインは見えるようにしたいですね。フレームがぴったり作品にくっつくと見づらくなりますし、かといって一般的な白マットをつけると、余白部分が強調されてしまいます。そこで、例えばパステルグリーンのマットを細く付けてあげるとどうでしょう。間延びせずサインもよく見えます。

frame13.jpg

Too 古正:市販の額縁に自分で作品を入れると、サインが見えなくなってしまうのが悩みでした。サインも見えますし、額縁とマットのツートンカラーもとてもかわいいです!

トゥールズ野村:マットには見た目を整えるだけでなく、実は作品を保護する役割もあります。一見普通の紙のように見えますが、酸性の物質を吸収するので額縁の中のPHを一定に保ってくれます。また、表面カバーにUVカットのアクリルを使うと98%ほど紫外線をカットできるので、褪色を防ぐことができます。作品をきれいに保存するのは意外と難しいので、作品保護という観点でも大切な作品は額装することをおすすめします。

frame14.jpgマットと表面カバーのアクリルのサンプル

Too 古正:見た目のことばかり考えていましたが、作品保護も額装の重要な役割なのですね。お気に入りの作品は長く楽しみたいです。

トゥールズ野村:さて、額縁の候補が絞れてくると、次はお値段の話になります。今回はオーダー額ということで、額縁の種類と大きさ、マットの値段に、セット料金が加わります。一方で、今回は「太子」という定型の大きさとほぼ一緒なので、既製品の額縁でもご提案できます。

Too 古正:既製品を選ぶと、オーダー額よりだいぶ安くできるんですね。ちょっと悩みますが、記念すべき初の額装なので、今回はオーダー額でお願いします。

トゥールズ野村:ありがとうございます。既製品の額縁はシンプルなものが多いのですが、お客様のご予算も考えながら、大きさが合う額縁があれば何パターンかご提案しています。このあと額装作業をして完成したらご連絡します。

Too古正:とても楽しみです!よろしくお願いします。そういえば、トゥールズ横浜ジョイナス店にはとてもたくさんの額縁のサンプルがあるのが印象的です。

トゥールズ野村:店内には1,500種類以上のサンプルが置いてあります。実は、トゥールズ横浜ジョイナス店の額縁はすべてコーナーサンプルにして置いてあります。なぜなら、完成した額縁があると「どの額縁に入れようかな」と、額縁ありきで考えてしまうためです。作品の魅力を活かすには、作品から逆算して額縁を選ぶことが大切です。また、箱に入っている既製品を開けて、作品にあてて…という動作も、繰り返していると結構大変です。一方でコーナーサンプルなら、先ほど体験していただいたようにあっという間に何種類も見ることができます。お客様の選択肢の幅を狭めず、ご予算に合わせてコーディネートしやすいように、すべてコーナーサンプルにしているというのがこの店舗の特長でもあります。

frame15.jpg店内には1,500種類以上のサンプルが置いてあります。

またカットマシンがあるので、店内でマットをカットできます。今回はシンプルにカットしますが、設備とオペレーションの組み合わせでさまざまなデザインを楽しむこともできます。アイデアをシームレスに現実化できるのも、私たちの強みだと思います。額装について総合的に対応できますので、気軽にお立ち寄りいただけると嬉しいです。

frame16.jpgカットマシンとカットマシンでアレンジしたマット。細い縁取りと丸いくり抜きが印象的です。

作品のことがもっと好きになる

さて、10日ほどで額装が完成しました。完成品はこちら!

frame18.jpg

ふと顔を上げた瞬間に作品が目に入るので、引き出しにしまっておく何倍も楽しむことができるようになりました。部屋の雰囲気も明るくなった印象です。何より、野村さんと作品についてやりとりしたことで、作品の魅力を具体的に認識することができました。最初はハードルが高そうだと思っていた額装も、想像していたよりも気軽に依頼できました。

皆さんもぜひ気軽にトゥールズ横浜ジョイナス店に足を運んでみてください。お気に入りの作品の魅力を、再発見できるかもしれません。


トゥールズ横浜ジョイナス店
うかうかさんTwitter
作品サブウェイぬ

関連記事

地域密着!Too地域支店から発信するお客さまへの手紙

2021.10.21

トゥールズショップを楽しもう!大阪梅田店

2021.10.07

決起大会2021を開催。リアルとオンラインのハイブリッド運営

2021.03.25

就職活動もニューノーマルへ!オンライン説明会を開始しました

2021.02.25

【Theフレッシュインサイダーズ!】Tooのバックオフィスの人たち

2021.02.10

【Theフレッシュインサイダーズ!】コピックの海外展開

2021.02.04

【Theフレッシュインサイダーズ!】design surf seminarの裏側

2021.01.28

フォローして最新情報をFacebook/Twitterでチェック!