文具好きが大集合!「文具女子博#インクとデコ沼」開催

レポート

2021.09.30

シェア

9月23日(木)〜26日(日)の4日間、小田急百貨店新宿本館にて、文具好きのためのイベント「文具女子博2021 #インクとデコ沼」が開催されました。Tooグループからは昨年に引き続き漫画画材を扱うアイシーと、今回はコピックが初出店。いち文具ファンとして、毎年「文具女子博」を心待ちにしているTooの古正がレポートします。

会場限定グッズにワクワク

「文具女子博#インクとデコ沼」は、毎年人気の「文具女子博#インク沼」がパワーアップしたイベントです。各ブースには万年筆やインク、ガラスペンに加え、「デコ」が楽しめるマスキングテープやスタンプ、シールなど、幅広いアイテムが並んでいました。

感染対策を万全にして入場すると、会場奥に「アイシー & コピック」ブースを発見!今回の目玉は、限定販売のつけぺんセットです。漫画家さんも愛用するつけペン用インクの「アイシー プレミアムブラック」と、4種類のつけペン先、オリジナルつけペン軸が入っています。イラストを描きたい方はもちろん、カリグラフィーに挑戦したい方にもオススメです。たくさんの方に興味を持っていただいたようで、各回準備分がすぐに完売してしまうほどの人気でした。

inc1.jpg

もちろんお馴染みのコピックインクも並んでいました。デモンストレーションコーナでは、コピックインクを垂らして広がりや滲み、色の混ざり合いから偶然できる模様を楽しむ「アルコールインクアート」をスタッフが実演。特別なテクニックがいらず、手軽にアートが楽しめるのが嬉しいポイントです。

ink2.jpg

そのほかにも一際注目を集めていたのは、漫画モチーフ柄のオリジナルマスキングテープです。手帳デコにぴったりのコマ割り柄や、活用方法がいろいろと楽しめそうなオノマトペ柄、そして700種類以上もあるアイシースクリーンから厳選された柄をモチーフにしたものまで、6種類が限定発売されていました。

メモに貼ったら見落とし防止になりそうなベタフラッシュ柄、他では見たことないシュールなモブ柄など、個性豊かなものばかり。思わず私も「コマ割り」柄と「オノマトペ」柄を購入してしまいました。

思いがけない出会いを楽しもう

その他にも会場内には、色とりどりのインクやパッケージまでおしゃれなガラスペン、海外からやってきたシーリングスタンプなど、つい手に取りたくなるアイテムがずらっと並んでいました。たくさんブースのサンプルを見て、「こんなデコレーションもできるんだ!」と思いがけない発見があるのがリアルイベントのいいところ。創作意欲が刺激された1日でした。

12月16日(木)〜19日(日)には、「#インクとデコ沼」より規模も出店数もさらにグレードアップした「文具女子博2021」が開催予定です。イベントに興味を持った方はぜひ参加してみてください。


アイシー
コピック

関連記事

【TD】専門家から見たNFTアートバブルの本質とは?デザイン・アートとデジタルの未来

2021.07.29

【TD】【試乗】きっかけは"商店街を救いたい"。3輪モビリティはラストワンマイルの光になるか

2021.06.24

【TD】結局のところ、UI/UXって何ですか?vol.1 〜Ubie株式会社のデザイナー 畠山糧与さんに聞いてみた

2021.05.27

【TD】【試乗レポ】最高時速60kmの"モンスター級"電動キックスクーターに乗ってみた

2021.04.15

絵に描いて言語化してみよう

2021.04.08

【TD】情報過多の世界で本質を届ける戸田デザイン研究所 | 子どもたちを取り巻くデザインvol.4

2021.03.18

【TD】オンラインコンテンツが鑑賞体験にもたらしたものとは-国立科学博物館の取り組みから考える-

2021.03.04

フォローして最新情報をFacebook/Twitterでチェック!