『Morpholio LLC 長谷川徹氏に聞く、NYの建築家としてiPadアプリ開発を続ける理由』記事公開中

レポート

2020.04.16

シェア

こんにちは。Tooの古正です。大学時代はミュージカルサークルに所属し、舞台の大道具係としてセットの設計や作成、組み立てを担当していました。社会人になった今でも、デザインや建築に関わる情報をこまめにチェックしています。

そこで今回は、Tooが運営する建築業界向けのビジュアライゼーション情報サイトKvizから、インタビュー記事『Morpholio LLC 長谷川徹氏に聞く、ニューヨークの建築家としてiPadアプリ開発を続ける理由』をご紹介します。

リアルタイムにデザインできるアプリ

アメリカで多くの建築家が使用しているMorpholio Traceというアプリがあります。開発したのはニューヨークの建築家4人で創業した会社。その中に日本人の建築家、長谷川徹氏がいるということを聞きつけたTooの社員がインタビューに伺いました。

Morpholio Traceとは、iPad ProとApple Pencilを使って設計図面や間取り図に寸法、画像イメージなどトレースできるツールです。記事中では、なぜ建築家である長谷川氏がアプリ開発を始めたのか、アプリとして運用が始まるまでの紆余曲折や、最新テクノロジーとの向き合い方などが語られています。

その中でも特に印象的だったのは、Morpholio Traceがコミュニケーションを促進するツールでもあるということ。紙のスケッチでは難しかった図面の拡大・縮小や、自由自在に描き込んだり消したりできます。従来だったら、スケッチを持ち帰ってPDFにして、確認をした後修正作業をする。再び提出してまた修正……の繰り返しです。必要な情報をその場ですぐに描き加えることができて、フィードバックも受けられる。イメージを共有したり膨らませることが素早くできるので、まさにミーティングにぴったりのツールです。

さらにAR機能が搭載されていることで、iPad Proのカメラで映し出された現実世界上に図面を映し出して、その空間で立ったり歩いたりといった体験も可能だとか。本来だったら、建築物が完成するまで空間の体験はなかなかできません。大学のサークルレベルではあるものの、舞台設計に関わっていた私にとって、自分が考えた設計図に入り込むことができるのは夢のような体験。聞くだけでもワクワクします。

長谷川氏自身が建築家であることから、「ユーザーに必要なこと」を考えることで生まれたMorpholio Trace。開発秘話や今後の展望などに興味を持った方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

「Kviz」から記事をチェック

関連記事

アニメCG最強就活イベント「アニかつ!」レポート公開

2020.03.13

制作ワークフローに最新技術を!page2020

2020.02.13

ワクワクする「文具女子博2019」に出店しました!

2019.12.19

【design surf seminar 2019】創造性を仕事に取り入れるには〜アート思考とビジネス

2019.12.05

【design surf seminar 2019】経営戦略、中期IT計画を踏まえた社員のワークスペース変革の実践事例

2019.12.02

【design surf seminar 2019】マツダデザインの挑戦

2019.12.02

【design surf seminar 2019】みらいのふつうをつくるために

2019.11.28

フォローして最新情報をFacebook/Twitterでチェック!