デザイン思考&アート思考ワークショップ。素手で絵の具を触り、初対面の人と何か作る?!

レポート

2019.05.08

シェア

先日、第一回目の「考えをすぐカタチにするワークショップ」を開催しました。 参加者の皆さんと一日一緒にエキサイトしながらこのワークショップの司会を担当した椎野がレポートします。

二回目の開催(5月29日)も予定されているので、ご興味ある方はぜひ。お申し込みはこちら

バラエティに富んだ内容で

今回のワークショップは、朝の9時半から20時までびっちりのプログラム。バラエティに富んだ1日の体験を通して、新しい発想を生み出す柔軟な手法、多様な視点を体験していただきました。

企画段階では、「こんなに内容詰め込んで大丈夫?」と心配しましたが、デザイン思考について歴史から学ぶ座学から、Adobe XDの習得、アナログ画材を使ったアート思考ワーク、チームビルディング、そしてチームでのプレゼン作り、ビジネスにつながるかもしれないプロトタイプづくりまで、次々と出される課題を参加者でワイワイとこなすうちに、自分の殻を破っていただこうという1日となりました。

katachi-01.jpg
まずはAdobe Community Evangelistの境さんより、デザイン思考の基礎知識と、Adobe XDの基本機能を午前中に。

katachi-04.jpg
お弁当を食べたら、午後から実際に手を動かすアート思考を取り入れたワークでチームビルディングと、プロトタイプのアイデアづくり。

katachi-05.jpg
そのアイデアをベースに、アナログから一気にデジタルに移動して、プロトタイプ作成アプリ「Adobe XD」によるビジネスアイデアのモデルづくり。個別にMacに向かっているようで、実はクラウドで共同作業中!

katachi-03.jpg
最後はチームで発表!今回はデザイナーやディレクターの参加が多かったことと、アナログを使ったアート思考を取り入れたためか、アイデアがリアルなカタチになっていました。

参加者の声は......

今回の参加者は、出版・編集業、製造業や商社など多岐にわたる業界から、デザイナーやディレクター、コンサルタント、IT部門の方々に参加いただきました。年齢も20代からベテランまでさまざまでしたが、丸一日、一緒に過ごした参加者はワークショップ終了後の懇親会でも話が弾んでいました。 参加した方々からの声をアンケートからご紹介します。

「デザイン思考の流れから学び、とても納得できた。チームでの作業は新鮮で、他のワークショップでは体験できないものでした。」

「アート作品の共同制作は、脳ミソから炎が出る程、エキサイトしました。小学生に戻った様でした。プロトタイプの共同制作は、個々の社会人としての個性が出て、刺激的でした。」

「ひとつの課題から、人が集まることによって、アイデアにレパートリーが何倍にも増えることに感動しました。」

「創造性とイマジネーションを感じることができた。やはり、自分の1人の限界も感じたし、やはり、多人数で自分で予期せぬ結果を見れて良かった。」

「デザイン思考のワークショップに出ると、終了後にもやっとすることが多いのですが、今日は終わった後すごい爽快感がありました。」

「丸一日のワークショップは長い、と思っていましたが、あっという間でした。」

次回開催のご案内

「新しい発想を生み出すには?」「新しいビジネスを探さなければ」「チームでアイデアのコミュニケーションをとるには」「既定概念にとらわれないようにするには」そんな人向けに企画したワークショップでしたが、目的は果たせたでしょうか。

今回、有料のワークショップですが、Adobe XDの使い方も覚えられて、お昼のお弁当も夜のビールも付いてますので、お得のような......次回開催は5月29日。

まもなく満席になりますので、お申し込みはお急ぎください。 みなさまのご参加をお待ちしています。

関連記事

本質を見極め可視化する。日本デザインセンター様

2019.05.20

めざせ未来のまんが家!りぼん★みらいフェスタ2019が開催されました

2019.05.16

2019春の全国アドビセミナー開催、東京を皮切りに全国を巡ります

2019.05.10

つくることを楽しんで!2019日本ホビーショー開催中

2019.04.26

【TD】ミクロを積み重ねるとマクロになる 精密機器分野のプロフェッショナル

2019.04.25

画材の展示会「Art Materials World」レポート@アメリカ

2019.04.08

トゥールズショップを楽しもう!

2019.04.01

フォローして最新情報をFacebook/Twitterでチェック!