お客さまといっしょに部活動やってます#Tooる部

レポート

2018.11.12

シェア

先日、Tooで開催した交流イベント「Tooる部」をご紹介します。

Tooる部ってなに?

Tooる部はお客さまを交えた「部活動」です。Tooのお客様の中でも、若手の方々を対象に「部活みたいに放課後に集まってみよう!」と始めました。

Tooの営業がお邪魔すると、いつも遅くまでMacに向かっている若手デザイナーさんたち。たまには会社を飛び出してもらって、同じような立場にいる人たちとワイワイと、なんとなく仕事に関係あるテーマで語らい合って、楽しく刺激しあってもらおうという趣旨です。

企画や運営は、Tooの若手社員が中心となって行います。最初の頃は「お客様と部活って言われても...」と緊張していた若手メンバーも、4回目を迎えたいまは積極的に輪に入って楽しそうにしています。

保護者も一緒に参加します。

「仕事を抜けて行っていいですか、って上司に言いにくい」という若手のために、この会では、会社の上司(保護者)もお誘いして一緒に参加してもらいます。部活動に賛同して、毎回違う若手を連れてきてくれる保護者さんもいます。

18時半すぎに、保護者と一緒に参加者がTooのギャラリーへ集まってきます。保護者は保護者席に、そして若手はワークショップ席に分かれます。席もばらばらに、適当に、という感じなので、さっそく隣の席の人と名刺交換がスタート。始まる頃は、緊張して座っている人や、なにやら楽しそうに隣の人とおしゃべりしている人など、さまざまです。

toolbu_03.jpg
毎回変わるテーマ。今回も面白いアイデアが出るかな?

今回のテーマは『AIを「Tooる」としてどう使う?』

企画・立案、そして当日の進行役も務めてくれる、株式会社コンセントのクリエイティブディレクター川崎紀弘さんが、「川崎先輩」として(いろいろ設定があるのです)、リラックスムードで会を進行してくれます。「人の意見を否定しない。知識より体験で話そう。」など基本ルールが説明されたら約1時間半にわたって、AIの概念を聞いたり、みんなでディスカッションしたりします。

toolbu_01.jpg
爆笑が起きるアイデアや、ときにはハッとするような意見が自由に話されます。

「こんなことしてくれたらいいな」「こんな仕事は代わってやってくれたらいいのに」「ミスを減らすには」など自由な意見が出されました。最後には「若手の私たちが毎日やっているような仕事をAIに、というディスカッションを自分たち若手がしているのはどうなの?」というそもそも論に戻ったりもしました。

結論を出すのが目的ではないので、活気ある雰囲気はそのままに軽食とビールへ突入。ディスカッションを重ねて仲良くなった若手と、すでに盛り上がっている保護者たちも合流して、楽しく会は続いたのでした。

toolbu_02.jpg
最後のじゃんけん大会。レアTシャツをゲットしようと白熱しました。

toolbu_04.jpg
また次回お会いしましょう!

部員募集中です! 興味のある方は、Tooる部Facebook をフォローしてくださいね。

この記事に付けられたタグ

フォローして最新情報をFacebook/Twitterでチェック!