デジタルワークの未来を感じた。Box Works 2018

レポート

2018.10.18

シェア

Tooの菅原です。Boxのプロダクト担当として、2018年8月29〜30日の2日間、サンフランシスコで開催された「Box Works 2018」に行ってきました。

Boxって何ぞや? という方向けに簡単に説明すると、Boxはコンテンツ管理とコラボレーションのためのクラウドサービス。非常にセキュアに社内外とのファイル共有ができます。詳しくはこちら。

そして「Box Works 2018」はBox社の一大イベントです。いまや世界で87,000社以上の企業が利用するBox。目まぐるしく変化する時代において、Box社が何を提供していこうとするのか、その戦略や展望を聞きに世界49か国から人が集まりました。

boxworks-1.jpg

いよいよ、Box Works 2018開催

日本とサンフランシスコの時差は-16時間。羽田からサンフランシスコまでは10時間のフライトでした。前日のパートナーサミットに参加して、いよいよBox Works 2018の会場である、MOSCONE CENTER WESTで入館証を入手。どんな発表がされるのか、すでに期待で胸が膨らみます。

boxworks-7.jpg

まずはBox CEO兼共同創業者会長のアーロン・レヴィによるオープニングキーノート。今回は3つのキーワードが挙げられました。

  • DIGITAL WORKPLACE(デジタル・ワークプレイス)
  • DIGITAL BUSINESS(デジタル・ビジネス)
  • SECURITY AND DATA PROTECTION(セキュリティとデータ保護)

boxworks-6.jpg

それぞれ、「業務効率向上や働き方改革のためのBox活用」、「企業がデジタルトランスフォーメーションを進めるためのBox活用」、「働き方改革もデジタル化も、高いセキュリティなくしては成立しない。その実現を下支えするBox活用」といった説明がされました。

Boxが1,400以上のアプリケーションと連携

boxworks-5.jpg

特に"Best-Of-Breed"という言葉が強調されていました。これはシステムを構築する際にひとつのツールで統一するのではなく、各分野で最良のツールを選択して組み合わせでシステム構築をする、いわばいいとこ獲りを狙うアプローチのことです。

「ほとんどの企業ではツールの統一化を図っているが、ツールの多様化にマッチできていない」。つまり、会社と社員のニーズにギャップがあることを挙げて、「Boxはさまざまなプラットフォームをシームレスにつなげる。主要なツールであるMicrosoft Office 365、Google G Suite、Apple iWorkはもちろん、1,400以上のアプリケーションとの連携を実現」したことを発表しました。

アプリケーション連携すると、どう便利?

最近、すでにG Suite(Googleが提供するグループウェアサービス)を使っている、または検討されているお客様が増えていますね。Gmailであったり、Googleスプレッドシートを活用しているG Suiteユーザーにとって、シームレスにBoxを使えるのは嬉しいはず。

クライアントとのやりとりの中で、Microsoft Excelデータを、Googleのスプレッドシートで開いて編集……なんてことも実際にあるわけです。サービス元をオーバーラップして、ファイル形式を意識することなくシームレスにやりとりできる。生産性が上がり、かつBoxでセキュアに管理できるのが良い点かと思います。

boxworks-4.jpg

また「アクティビティストリーム」という機能も発表されました。新しいプレビュー画面内で、選ばれた推奨アプリケーションのリストが表⽰されます。そこから(つまりBox内から)、ファイルを直接操作できるようになります。

推奨アプリケーションは、ユーザーがよく使⽤するもの、社内でよく使われているもの、その種類のファイルと関連性が⾼いものなど、さまざまな要因に基づいて選ばれます。推奨アプリケーションは管理者が承認したもののみ表⽰可能。連携するアプリケーションは今後もどんどん増えていきそうです。

インテリジェントに仕事をアシスト

パブリックベータ版を発表した「Box Feed」は、最も重要性の⾼いコンテンツや最新情報を、インテリジェントに選別して上位に表⽰する機能。これはBox内で何が起きているかを確認して、必要なことをするためのまったく新しいアプローチです。

boxworks-3.jpg

Box Feedでは、現在作業を⾏っているファイルやフォルダに対する、最新のコメントや更新情報が上位に表⽰されます。どのユーザーやチームと⼀緒に仕事をしているかといった情報をもとに、関⼼がありそうなファイルの候補がピックアップされ、それぞれのユーザーの画面に反映されます。いわゆるSNSやショップアプリ的なノリで使用できそうです。トップ画面をBox Feedにする人もいるのかな。

また作業を楽にしてくれる「自動化」も気になります。「Box Automations/Task」は、Enterpriseエディションにある自動化機能、の進化版といった感じ。特に頻度の高い繰り返し作業は、強化されたBox Automations/Taskがハマりそうです。

Boxのコラボレーションも今後はますます効率化されていくでしょう。とにかく、Boxは単なるクラウドストレージにとどまらない、ということをお伝えしたいです。

boxworks-10.jpg

boxworks-8.jpg

Box Works 2018の新情報を日本でご紹介

このほか、今回のロードマップの発表はこんな感じでした。

【メイン】

  • The new Activity Stream and Recommend Apps
  • G Suite(Google Docs/Google Sheets/Google Slide/Hangouts Chat)
  • Box Feed
  • Box Automations/Task
  • Box Skills(Basic/Custom)
  • Box Shield
  • 【サブ】

    • Box for Gmail(Gmailアドオン)
    • Box for Outlook(Outlookアドオン)
    • Box Drive オフライン対応
    • Notes on Box mobile
    • 通知センター
    • 社外コラボレータ2要素認証(2FA for external collaborators)
    • 自動化機能の刷新
    • タスク機能の刷新
    • 新しい検索機能
    • フォルダレベルのメタデータとカスケード
    • ServiceNow統合
    • 共有機能のアップデート

    まだまだ紹介したい新情報が盛りだくさん。Tooの「Box新機能活用セミナー」では、書ききれなかった新機能や連携ソリューションをご紹介いたします。

    Boxをもっと有効活用されたい方、これからBox導入をご検討されている方、テレワークやモバイルワークに興味をお持ちの方にもおすすめです。詳細な情報を知りたい方はぜひ!


    製品についてもっと詳細に知りたい!という方はぜひご連絡ください。
    Box製品ページ

    関連記事

    design surf seminar2022 速報レポート 〜3日目〜

    2022.11.04

    design surf seminar2022 速報レポート 〜2日目〜

    2022.11.02

    design surf seminar2022 速報レポート 〜1日目〜

    2022.11.01

    アニメ制作技術の総合イベント「あにつく2022」開催直前レポート!

    2022.09.22

    【TD】インドネシアのバイクタクシー「Gojek」に乗ってみた

    2022.09.15

    【TD】「スペキュラティブデザインによる新時代の創造」美大生が考える未来の生活家電

    2022.07.28

    【TD】4輪に本格進出したHondaで、海外のトップメーカーで、「次の時代の価値」を見つめ続けてきた | 青戸務氏インタビュー

    2022.07.14

    design surf online

    「デザインの向こう側にあるもの」ってなんだろうを考えよう。
    design surf online(デザインサーフ・オンライン)はTooのオンラインメディアです。

     design surf onlineについて

    おすすめ記事

    探訪!ミロ・ジャパン合同会社

    アナログ画材を楽しんで!漫画画材ブランドのアイシー50周年

    訪問!日本商環境デザイン協会様