48時間でつくる!3DCGアニメーション・コンテスト台湾本戦

レポート

2018.08.30

シェア

Tooのショージローです。
学生たちが48時間で3DCGアニメーションをつくる戦い、「ASIAGRAPH Reallusion Award 2018」の台湾本戦に同行サポートしてきました。

ASIAGRAPH Reallusion Awardとは?

一言で説明すると「3DCGツールを使って、48時間以内にショートムービーをつくる学生向け世界コンペ」です。ASIAGRAPH 最大のアクティビティのひとつ。前身であるReallusion Awardは2010年にスタートしました。教授や大学生から好評を博して、2012年には他のアジア諸国に拡大し、正式にASIAGRAPH Reallusion Awardと改名しました。

ライブ3Dアニメーション・コンテストとして発展し、2018年には、13カ国111校250チーム(700名以上の学生)がこのイベントに参加しました。日本では2015年より参加をはじめ、2016年からTooが国内予選の大会運営と、リアルタイム3Dアニメーションソフト「iClone」の技術提供をしています。

日本予選運営&技術サポートをTooが担当

2018年の国内予選は5月末から6月上旬にかけて、東京と名古屋で開催されました。運営としては48時間という耐久戦、万が一にも学生たちに事故が起こらないよう気を配ります。

toranomon

コンテストに使用するツールに制限はなく、何を使うのも自由です。さまざまな3DCGツール、ゲームエンジン、映像合成編集ソリューションがありますが、iCloneはCGキャラクター映像を素早く何度もつくるのが得意なソフトなので、短時間でのプロトタイプ映像制作(プリビズ)には大活躍です。Tooはこの技術サポートも担当しています。

本戦に出場すると

国内予選(University/3D部門)には、44名17チームが参加。その中から、名古屋工学院専門学校と名古屋学芸大の2チームが、激闘を勝ち抜いて本勝へのチケットを手に入れました。今回の本戦会場は、台湾の元智大學(Yuan Ze University)でした。

本戦に併催された「CG NEXT SEMINAR」というセミナーも目玉のひとつです。豪華ゲスト、競技の審査員でもあるヘイロン・エンターテインメント社やBase FX社が登壇されたり、キアヌ・リーブス氏主演で話題の新作SFスリラー映画「Replicas」での活用事例が紹介されたりしました。

seminar

学生たちはさまざまなセミナーに加え、各国代表チームのプレゼンテーションや学生国際交流会にも参加。さらにイベント後は台湾料理を満喫し、競技に向けて英気を養いました。

いざ、48時間本戦スタート!

発表された出題テーマは「Paintings(絵画)」。エドヴァルド・ムンク『叫び』、サルバドール・ダリ『記憶の固執』、ルネ・マグリット『人の子』の3つの絵画からひとつを選択し、得たインスピレーションから制作するという課題でした。

テーマを告げられ、いよいよ48時間がスタート。写真は競技開始から約24時間が経過した様子です。睡眠をとって長期戦に備える人もいれば、寝る時間を惜しんで無休で戦う人もいました。

48h

またモーションキャプチャーをとる専用部屋も、別フロアに用意されていました。

motion

競技開始までのわずかな時間を使って機器をセットアップ。日本チームは、ライブラリのインストールトラブルが直前までありハラハラしましたが、いざ競技がスタートしたら、私ができることはオペレーションの質問に応えるのみ。みんな頑張れ!!

日本チーム、やりました!

そしてなんと、名古屋工学院専門学校がベストフィルム賞を獲得!!おめでとうございます。

ベストフィルム賞を受賞した作品がこちら。

作品名:luckyman
作者名:Japan,Nagoya Kougakuin College [K.O]


ベストフィルム賞のチームには、約100万円(10,000USドル)が贈られます。けれど、この競技⼤会では入賞の賞⾦以上に、学生たちにとって学校の課外で動画作品を残して発表したり、学⽣同士やプロの審査員と交流したり、⼈脈を広げる機会となりました。こういった経験は必ず将来にとって⼤きなメリットとなるはず。

海外のクリエイターやプロフェッショナルと交流しながら、自らの技能をアピールするチャンスです。ぜひ次回開催時に奮ってご参加ください。


ASIAGRAPH Reallusion Award 2018公式

ゲーム業界、映像のプリビズ向けツールとして「iClone」

この記事に付けられたタグ

関連記事

design surf seminar2022 速報レポート 〜3日目〜

2022.11.04

design surf seminar2022 速報レポート 〜2日目〜

2022.11.02

design surf seminar2022 速報レポート 〜1日目〜

2022.11.01

アニメ制作技術の総合イベント「あにつく2022」開催直前レポート!

2022.09.22

【TD】インドネシアのバイクタクシー「Gojek」に乗ってみた

2022.09.15

【TD】「スペキュラティブデザインによる新時代の創造」美大生が考える未来の生活家電

2022.07.28

【TD】4輪に本格進出したHondaで、海外のトップメーカーで、「次の時代の価値」を見つめ続けてきた | 青戸務氏インタビュー

2022.07.14

design surf online

「デザインの向こう側にあるもの」ってなんだろうを考えよう。
design surf online(デザインサーフ・オンライン)はTooのオンラインメディアです。

 design surf onlineについて

おすすめ記事

探訪!ミロ・ジャパン合同会社

アナログ画材を楽しんで!漫画画材ブランドのアイシー50周年

訪問!日本商環境デザイン協会様