コピック発売から30周年。世界規模で「コピックアワード2017」開催!

レポート

2018.07.23

シェア

現在、世界55カ所以上の国や地域に出荷されているコピック。プロからアマチュア、お絵かきが好きな子供まで、さまざまなジャンルで年齢問わず愛用されています。この「全世界のユーザー」と共有できるイベントとして、コピック30周年の目玉企画「コピックアワード2017」が開催されました!

世界中のユーザーに応募してもらうには?

日本国内だけでなく環境も言語も違う各国のユーザーに、どうしたら応募してもらえるか、どうしたら楽しんでもらえるのか、さまざまな課題にメンバー一同で頭を悩ませました。結果、「アート&デザイン」「ホビー&クラフト」「コミックイラスト&イラストレーション」の3ジャンルに分け、Webサイトを利用した応募、というかたちでスタートしました。

その結果、国別の応募者数こそ日本が最多でしたが(全体の約36%)、次いでブラジル、アメリカ、台湾、韓国と海外勢が大健闘し、73カ国のユーザーから1,500件以上の応募、1,200件ほどの作品掲載となりました。


受賞作品のご紹介

いよいよ審査です。
審査員はコピックに造詣が深く、各ジャンルでご活躍されている各国のアーティスト、デザイナーの皆さまにお願いしました。

プロダクトデザイナーとしてBMWのバイクデザインも手がけたオリバー・ノイランドさん、アメリカのクラフトアーティストのミシェル・ホートンさん、デビー・オルソンさん、ジェニファー・ドーヴさん。そして、日本からは海外でも人気の高いイラストレーターの窪之内英策さんとデザイナーのコヤマシゲトさん、という豪華な顔ぶれとなりました。

審査員の皆さまも各賞の選出にはかなり迷われたようですが、数多くの作品群から、各部門で見事グランプリを獲得したのは......

アート&デザイン部門
作品名:Iconic Duo - Ferrari and Fiat Dino
作者名:Nigel Müller/オランダ

ホビー&クラフト部門
作品名:Mini Specimen Box (ミニチュア標本箱)
作者名:Yu-Shan, Huang/台湾

コミックイラスト&イラストレーション部門
作品名:Invisible
作者名:陳裕旻/台湾

アート&デザイン部門を制したNigel Müllerさんは弱冠19歳。「優勝すれば東京に行くことができる! と意気込んで応募しました」とのこと。

なんと台湾のアーティストが2部門を制覇しました。Yu-Shan, Huangさんの作品は、プラ板にコピックで彩色してリアルに表現された蝶々。「このリアルな色合いはコピックでしか出せない!」とのことです。

一方の陳裕旻さんの作品には、繊細な自然物の表現の中に5匹のカメレオンが見え隠れしています。皆さま全部探せるでしょうか。目を凝らしてみてください。


コピックのテクニックもさることながら、みなさん素敵なスピーチをしてくれました。グランプリを受賞した3名には賞品としてコピック全シリーズが贈られたほか、副賞として日本滞在4泊の旅もプレゼント。日本滞在中には関連イベント「Copic Thanks Party」も開催され、実作品の展示に加え授賞式も執り行われました。

メーカーの私たちも世界中から一堂に会した作品を1点1点間近で見るのは初めてで、地域独特の表現や色使いをリアルに感じた瞬間でした。ご来場のお客様からも「日本以外でこんなにコピックが使われているとは知らなかった」「こんなにいろいろなジャンルで使われていてビックリ」という声が多く聞かれました。

現在、2回目のコピックアワード2018の開催に向け、企画を進めている真っ最中です! 今年のジャンルやテーマ、審査員などは後日コピック公式サイトにて発表予定です。次はどんな作品がグランプリを受賞するのか、いまからとても楽しみです。日本の皆さまからも、もっともっとたくさんのご応募をお待ちしております。

狙え!! グランンプリ!!!


コピックアワード特設サイト(全受賞作品はこちら)

Copic Thanks Party イベントレポート

この記事に付けられたタグ

関連記事

制作ワークフローに最新技術を!page2020

2020.02.13

ワクワクする「文具女子博2019」に出店しました!

2019.12.19

【design surf seminar 2019】創造性を仕事に取り入れるには〜アート思考とビジネス

2019.12.05

【design surf seminar 2019】経営戦略、中期IT計画を踏まえた社員のワークスペース変革の実践事例

2019.12.02

【design surf seminar 2019】マツダデザインの挑戦

2019.12.02

【design surf seminar 2019】ジャパンデザインミュージアムへの期待 ― D-8の活動の視点から

2019.11.28

【design surf seminar 2019】みらいのふつうをつくるために

2019.11.28

フォローして最新情報をFacebook/Twitterでチェック!