プロが使う道具で漫画家体験「まんが工房PRO」が新発売!

コラム

2020.07.02

シェア

漫画画材を扱うアイシーから新商品「まんが工房PRO」が発売されました。この製品は、初めて漫画を描く人へ向けて、描き方や道具の使い方を楽しく学べるセットです。どんな製品なのか担当者に話を聞いてみました。

初めての漫画制作をサポート

コンセプトは「プロと同じ画材を使って漫画家体験」ができること。漫画制作に必須の道具が一式詰まっていて、原稿用紙やつけペンなど基本的なツールはもちろん、ストーリーを考えるときに使うサムネイルノートまで、プロの漫画家が使うものと同じものがセットになっています。「いきなり本格的な道具を使って大丈夫かな…」と不安な方に向けて、漫画制作のフローが紹介された冊子や、練習用紙などが入っていたりとサポートも万全です。

その中でも注目のツールは、「お手本セット」です。原稿用紙に書かれた水色の線をなぞって、背景や人物の練習ができます。キャラクターのアップや横顔、二人並んだ図、コマ割りなど、いろいろな構図を描けるのも嬉しいポイントです。さらに、人物の髪型や服装は自分で考えて描くことができるので、ただなぞるだけでなくキャラクターデザインの体験までできます。

まんが工房PRO線なし.jpg

漫画を描く達成感を

初めて漫画制作にチャレンジするとき、イラストを描くことはもちろん道具の使い方を覚えたり、ストーリーを考案したり……漫画制作には実はたくさんの工程があります。いざペンを取って描き始めても苦手な工程でつまずいてしまい、最後まで描ききれずに断念してしまう人が多いとのこと。製品担当者も学生時代から趣味で漫画制作をしており、同じ経験をしていたそうです。多くの人がぶつかるお悩みをサポートして、漫画を1本描き上げる体験をしてほしいという思いを製品に込めたとのことでした。

製品担当者からのコメントをもらいました。
「これから漫画制作を始めてみたい人や、漫画家を目指す人たちを支えられる製品になれば、と企画しました。漫画を描き上げる達成感を得られていただけたら嬉しいです。手に取ってくださった方はぜひ、ボロボロになるまで使い込んでみてください。」

本格的な道具がずらっと揃った様子は、漫画家に憧れる人にとって見るだけでもワクワクするのではないでしょうか。漫画制作に興味がある人は、ぜひチャレンジしてみてください。


アイシー

この記事に付けられたタグ

関連記事

オンラインでアートを楽しもう「#バニーのランチ時間」

2020.06.25

イラストを仕事にするためのスキルを紹介 「イラストレーターのウラバナ!」が書籍になりました。

2020.06.18

【現場を変えるMobilityのアイデア】第15話:創造力を守るための時間確保

2020.06.11

【TD】『Until Death Do Us Part/双喜』モノローグ |語りかけてくるモノを見つめて Vol. 1

2020.05.21

思いがけないトラブルも総合的に解決します。Tooのサポートセンター

2020.05.14

【現場を変えるMobilityのアイデア】第14話:日本のEnterprise ITに足りないもの

2020.05.07

教育分野にも!クリエイティブ業界だけじゃないTooのサポート

2020.04.30

フォローして最新情報をFacebook/Twitterでチェック!