急なトラブルに困ったら。TooはApple修理受付もあります

コラム

2019.07.08

シェア

Macintoshが世に送り出された1984年。TooがApple製品の取り扱いを開始したのは、その翌年の1985年でした。多くのデザイナーやクリエイターに愛されたApple製品。30年以上におよぶサポート経験で蓄積された豊富なノウハウをもとに、Tooはデザイン制作環境のみならず、一般企業や教育現場にも向けてiPad/Macの大量導入・管理・保守など一貫したサービスをご提供しています。

意外と知られていないのが、Tooには修理受付カウンターもあること。「修理受付カウンターってどんな感じ?」「行ってみて混んでたら嫌だな。」という方に向けて、今回は東京・虎ノ門でサポート業務を担当しているメンバーである土屋と小黒に話を聞きました。

正規サービスプロバイダとは?

土屋:TooはApple製品の正規サービスプロバイダです。Appleが認可した修理店ということで、修理についてApple Storeと同等のサービスを提供しています。Appleの認定資格を持つメンバーが対応していて、規定された修理設備で、もちろんApple純正の部品を使用して修理します。

また、正規サービスプロバイダの中でも、東京地区は5年連続で「プレミアムサービスプロバイダ」に認定されています。これは技術的な部分に加えて、サービスの顧客満足度でもAppleの厳しい基準をクリアする必要があります。

TooはApple製品の正規サービスプロバイダです

修理受付カウンターの様子は?

Too:どんなお客様がいらっしゃいますか?

土屋:急なトラブルでApple製品の修理窓口を探していて、リンゴのマークを見て持ち込みされる方、ウェブサイトをご覧になっていらっしゃる方、通りすがりでふらっと来店される方もわりと多いです。ご家庭で使っているMacの修理依頼もありますし、近隣の会社のIT担当者の方が、会社のPC端末を持ち込まれることもあります。

小黒:iPhone修理を受け付けてない分、急な来社でもお待たせすることなくご案内できることが多いです。Apple Storeの予約がいっぱい、というときには穴場だと思います。ただ混雑具合や対応時間に関しては、事前にお電話や問い合わせフォームでご確認いただけるとより確実です。

Too:修理を受け付けているのは、Macだけですか?

小黒:Macをはじめ、Apple TV、iPad、iPodなどの修理も受け付けています。iPhoneとApple Watchは修理取り扱いがないのでご注意ください。

応えられる要望の幅広さ

土屋:簡単な操作ですぐに解決するトラブルであれば、受付での相談だけで終わる場合も多いですね。なのでぜひ、気軽にいらしていただきたいです。

受付を担当しているのが技術者なので、解決できる事柄の幅が広いです。Appleが認定した技術者であり、また同時にTooの技術者として、ソフトウェアとの相性や操作トラブル、環境構築やネットワーク回線など、より広い範囲でApple製品にまつわるご相談に乗ることができます。

ご相談だけで解決することも

小黒:お客様の要望を受けて、Apple StoreからTooに問い合わせが回ってくることもあります。修理のほかに、オリジナルサービスを展開しているのは、サービスプロバイダの強みかもしれません。例えば、「データを何とか取り出したい」という方に、Apple StoreからTooの「あんしんデータ復旧サービス」をご紹介いただいたり、古い端末を廃棄したい方向けに「あんしんデータ消去サービス」を問い合わせいただいたりします。

土屋:そうですね。我々は幅広く対応できることが強みだからこそ、お客様の要望をしっかり聞くことを大切にしています。「修理して欲しい」という要望だけではなく、とにかくスピード重視なのか、時間をかけてでも確実にデータを救出したいのか。お客様によって求めていることが違うので、そこはコミュニケーションして、一人ひとりの要望にあったサービスを提供できるように取り組んでいます。

Too:サービスプロバイダだからこその柔軟さ。

土屋:例えば、修理受付カウンターに以前、10年以上前の端末を持ち込まれたお客様がいらっしゃったことがありました。すでにサポートを終了していてAppleからの部品供給はストップししている機種でした。

「サポートを終了しています」と言うのは簡単ですが、できるだけのことはやりたくて。お客様も「ダメ元で」とはおっしゃってましたが、幸いにも部品を交換しなくてもいい修理だったので治すことができました。

そのとき持ち込まれた端末と同じ機種

よし行こう!と思ったら……

Too:いざ、修理受付カウンターに行こうとなったら、どうすればいいですか?

小黒:基本的に、端末をお預かりして修理で完了後に引き渡しになります。端末を持ち込む前には、必ずデータのバックアップをとってからお越しください。せっかくお持ちいただいたのに「バックアップとって、もう一度来てください。」となると二度手間になってしまいます。詳しくは「お申し込み前の注意事項」にあります。

土屋:事前にお電話か問い合わせフォームからご連絡いただいた方が、その後の対応がスムーズです。Apple修理は、全国7拠点(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・京都・福岡)で受けています。詳細は、TooとApple製品修理のウェブサイトをご確認ください。

Apple製品修理

お気軽にお越しください


TooのApple製品修理のウェブサイトはこちら

関連記事

【現場を変えるMobilityのアイデア】第10話:変化するのは人か、 テクノロジーか、 それとも…?

2019.08.09

【TD】問題解決型から距離をおいた「デザインの基礎研究」の価値 「自生するデザイン」展レポート

2019.07.11

創り続ける人を応援したい。Orbital2開発秘話

2019.06.20

【TD】プロの指導でクレイモデル作り!子どもも親も楽しいカーモデラー教室体験レポート

2019.06.06

クリエイター向け、最新左手デバイス「Orbital2」

2019.05.13

【TD】ミクロを積み重ねるとマクロになる 精密機器分野のプロフェッショナル

2019.04.25

【TD】アクシスと考えるこれからのデザイン

2019.02.28

フォローして最新情報をFacebook/Twitterでチェック!